entreaty
home about coaltar of the deepers today's report BBS link
report
報告書トップへ戻る
coaltar of the deepers / 渋谷CLUB QUATTRO 20020419.fri
●セットリスト
se) downfall
01) how smooth
02) without hesitation into the door away
03) C/O/T/D
04) THE SYSTEMS MADE OF GREED
05) JET SET
06) prophet proved
07) snow again
08) the proof
09) the end of summer
10) SUBMERGE
11) entreaty
12) sweet voyage
13) AMETHYST

- encore -
14) JOY RIDE
15) hyper velocity
16) MARS ATTACKS!
「newave」発売してのツアー。でも、意外と昔の曲もやってくれて満足。前の方にいれたのだけど、カンノさんがさっぱり見えんかった。ハイハット踏む足しか見えねぇ。バスドラが「NO THANK YOU」イメージから、「newave」に変わっていた。

オープニングは、「downfall」のインスト。歌を聴きたいっす。まったりめの曲が多く、MCも少なめ。

「prophet proved」のカウントが16分*4。何事かと思った。「sweet voyage」は、とてもシアワセな気分になる。儂の耳がやられているのか、ギターの音が太いのか、ホイッスルの音があまり聞こえない。でも、シアワセ気分。

第一部が終わり、アンコール待ち。男性客が「アンコールお願いしますっ!!」って叫んだのが、かなりヒット。

アンコールで出てきたカンノさんの頭には角が生えていた。コーネリアスの「69/96」の頃イメージ。しかも、その角は赤く光っていた。まじすか。いや、素敵です。「joy ride」のために、イヤフォンを付けるのだけど、角は外さない。

「hyper velocity」では、ナラサキさん頭振りすぎで、サンバイザーが飛んで行く。「mars attacks!」が最後の曲。「NO THANK YOU」のジャケットのキャラも登場。ツアーTシャツを客席に投げ、ゆっくりバットを振り回していた。その直前、マイクスタンドなぎ倒していたナラサキさんは、その動作を見て微妙な笑顔を浮かべていた。

終演後、ステージを去るカンノさんは、ステージ脇のバーにぶら下がって遊んでいた。あんだけ叩いて、まだ体力あるんですか。
語録
「れっど、あん、がー。」
(「red anger」の入りに。仮面ライダー変身ポーズ付き。)

「せーのっ。」
(「sweet voyage」の入りに。)
戻る上へ
Copyright(c) 2002-2008 natsume All rights reserved.