entreaty
home about coaltar of the deepers today's report BBS link
report
報告書トップへ戻る
陰陽座 ゲスト:三柴理 / 渋谷ON AIR WEST 20030419.sat
●セットリスト
01) 陰陽師
02) 妖花忍法帖
03)
04) 桜花ノ理
05) 空蝉忍法帖
06) 百々目鬼
07) 星の宿り
08)
09) 叢原火
10) 麒麟
11) わいら
12) 羅刹
13) がいながてや

- encore 01 -
14) 組曲黒塚〜安達ヶ原
15) 組曲黒塚〜鬼哭啾々

- encore 02 -
se) 焔之鳥
16) 鳳翼天翔
17) 舞い上がる

- encore 03 -
18) 亥の子唄
陰陽座全国ツアー2003年春。「ならば、罷り通る!!」千秋楽。ゲストにエディ。

下手からメンバーが出てくるはずなのに。照明が落ちて、ステージに最初に上がったのは。エディ。上手からこっそりと。その間に、陰陽座メンバーが下手から続々と登場。このエディの扱いは何なのか?と疑問に思っていると。エディが鍵盤を弾きはじめる。ストリングスで「陰陽師」のイントロ。1曲目から「陰陽師」って。反則。前回とは別アレンジ。ていうか、普通にストリングスでコードを押さえ。2回目のBメロからピアノアレンジ。ユニゾン部にはエディも参加。合間合間で、ポーズをキめるエディ。瞬火さんの挨拶が入り、続いて「妖花忍法帖」。原曲に忠実な鍵盤。それじゃ、エディがいる意味がない、と少し憤慨してみたり。「いつもよりちょっと豪華」な「鵺」。絶対エディならこうする、という儂のツボを十二分に押さえてくれたアレンジ。黒猫さんの台詞部分は、ピアノで不協和音をぶつけ不気味さが増していた。「それは鵺では御座らぬ」と言う時の黒猫さんの目が良い。憑かれている目で。

3曲目にして「まったりした?」と客に聞く黒猫さん。そして、エディはさくさくと上手から退場。紹介なども一切なく。どういう事?軽くMCが入って「桜花の理」、「叢原火」、「空蝉忍法帖」と3曲続けて。「叢原火」の「貪(どん)」という招鬼さんの掛け声は、喪黒福造バリに指付きだったのだろうか。瞬火さんの影でさっぱり見えん。

「今日はメンバーが増えていたかもしれない。しかし幻かもしれない。しかし、呼べば出てきてくれるかもしれない。」という瞬火さん独特の喋りとエディコールで、エディ再び登場。入れ替わりで男性メンバー退場。また若い二人で「星の宿り」。途中、声を詰まらせる黒猫さん。曲後、「ごめんね、泣いちゃった」。可愛い。可愛すぎる。そんな黒猫さんの後ろすたすたと歩き去るエディ。ゲストと言うよりはむしろ、サポートメンバー的な扱い。良いのか?と果てしなく疑問。

「煌」では鉄槌を叩きつけ、「羅刹」では狩姦さんソロからリフへの戻りで熱くなり、「百々目鬼」では頭をやたら振る兄上を観察。狩姦さんサイドは、最前に3名の男性。曲中は普通に身体を揺らすが、ソロになると喰い入るように狩姦さんを眺める。招鬼さんが狩姦さんサイドに来ると、遠近感が狂う。笑える程小さい。

残り3曲「わいら」、「麒麟」、「がいながてや」。「麒麟」の「金輪際」という掛け声。狩姦さん。「金・輪・際」言うたびに、少しずつ首が傾いていく。目が優しい人なので、ちょっと可愛かった。「がいながてや」。メンバー走り回り、バスドラのマイクを倒したり。ところで儂は式神失格。扇子忘れた。寂しかった。

アンコールにて。エディも登場して「組曲 黒塚」。このメンバーじゃないと出来ない曲という紹介。「安達ヶ原」。狩姦さんはアコギ。斗羅さんは鈴。エディはストリングスを低く鳴らし。その中の黒猫さんの高音に鳥肌。黒猫さんの台詞後、「鬼哭啾々」の入りにまた熱くなる。いつの間にか狩姦さんはアコギを置いて、エレキを持っていた。熱くなっているところに、エディはリフをメインにピアノアレンジ。さらに熱くなる。そして、儂の中で盛り上がったところで、3拍子にメロディが変わり。すっと温度が下がる。この瞬間、涙出るかと思った。「組曲黒塚」にやられっぱなし。感動的だった。本当、今日来て良かったと思った。曲後にメンバー紹介。タマシイのドラ息子・タマシイのピアノ・タマシイのぱっつん&ギター・タマシイのちび&ギター・世界に誇るタマシイの歌姫・タマシイのベース。って、エディ。メンバーだったのか??前の方にいる客に握手をするエディ。気付いたら、ステージと客席の柵の間に降りて、客と握手をしていた。特撮でも滅多にやらんのに。その様子を見た瞬火さんが一言。「危険なので餌を与えないように。」

2回目のアンコール。「焔之鳥」がSEで鳴り、メンバー登場。「鳳翼天翔」へ。続いて「舞い上がる」。客に「すわ舞い上がれ」と歌わせる箇所にて、兄上。両手を垂直に挙げ、だるく左右に振っていた。2回目は、両手を水平に、やはりだるく振る。脱力具合がいい感じ。

3回目のアンコール。全国ツアーも千秋楽。大成功という事で祝いの歌。「亥の子唄」。招鬼さんのデス声は、今日はこの曲のみだった、ような。終了後、客席に握手を振りまくメンバー。瞬火さんは、数珠を1つ外して客席に投げていた。

終演後、客から「ありがとう」という声が挙がる。儂もココロの中でありがとうを言った。陰陽座で此処まで熱くなったのは初めてだ。楽しかった。

で。エディはメンバーなのか?引っ掛かりを残しているのだが。まぁ、良いか。楽しければ。終わりよければ全て良し。
戻る上へ
Copyright(c) 2002-2008 natsume All rights reserved.