entreaty
home about coaltar of the deepers today's report BBS link
report
報告書トップへ戻る
coaltar of the deepers出演イベント / CLUB CITTA川崎 20040723.fri
DAINOJI ROCK FESTIVAL vol.01。オールナイトのイベント。事前の噂では、deepersは2時頃出演予定。死ぬ程仕事をして、終電でクラブチッタへ。到着してすぐに、怒髪天の増子さんのお姿を見かける。かなり、へべれけのご様子。タイムテーブルを見ると、deepersは1:45〜2:10の出演時間。1:45頃、ライブスペースへ入るが。押していたようで、LAUGHIN'NOSEの出演。ステージ下手で、怒髪天増子さんが大盛り上がり。

LAUGHIN'NOSEが終わり、芸人さんがステージの端でネタを披露。その間セッティングが行われる。スタッフ様だけでなく、メンバー様も出てきているが。YAMAHA DX-7という、年代物の鍵盤の姿。ナラサキさんが鍵盤を弾くのか。それにしては、ドラムセットとアキラさんアンプの間、という微妙な位置でのセッティング。怪訝に思った時。セッティングしてる方の顔に見覚えがあることに気付く。watchmanさんではないだろうか。そうこうしているうちに、芸人さんのネタも終わり。セッティングも終わった模様。

カンノさんがコウジさんを手招き。ドラムセットの前で、客に背を向け。仁王立ちでギターを構えるコウジさん。重い音でリフを弾く。カンノさんのスティックは、スティックと言うより、太鼓の撥のよう。スティック先端のチップが無く、かなり太さが有るように見えた。空間系の音を、アキラさんが弾き。ナラサキさんが登場し、叙情的なメロディを叫ぶように歌う。と、その瞬間。ワンタム・普段よりシンバルも少なめなドラムセットから。一つしかないタムが、ごろりと落ちる。スタッフ様が飛んできて、直すが。あちこちを触るため、スネアの音を拾うためのマイクを動かしてしまったり。かなりあわあわしている模様。そして、コウジさんは大暴れ。そんなライブの始まりだった。聴いたことのない音。新曲かと思ったが。後日頂いた情報によると、THE CUREのカヴァー。「The Kiss」という曲だそうで。曲後に「coaltar of the deepers。」とナラサキさんが言い。2曲目へ。昨年5/29の新宿LOFTでやって以来の、三味線イントロの曲。以前聴いた際は、フロント3名様がコーラスを入れていたが。今回は、ナラサキさん一人でデス声を出したり。叫んだり。普通の声で歌ったり。

曲後、楽器陣はチューニング。その間。客席から妙な声色で「ヨシオっ。ヨシオっ。」とカワナカさんを呼ぶ声。苦笑するカワナカさんと、にやりと笑うナラサキさん。

「では。」とナラサキさんの声に続いて。流れたイントロは「Receive assimilation」。鍵盤がいるからか、音の隙間が無く、心地良い。サビで「receive the light」とコーラスを入れるwatchmanさん。カンノさんのドラム。普段は多くの種類のシンバルを用意しており、間奏部分で鳴らしていらしたが。本日は、至ってシンプルなドラムセット。どうするのかと思っていると。スティックをレギュラーに持ち替えたり、シンバルの縁や中心部と叩く位置・タッチを変えるなどし、様々な音を出す。鍵盤ソロと、アキラさんソロが入り。ナラサキさんは、カワナカさん前に設置されたマイクへ移動。クレッシェンドの効いた声で、効果音を入れる。フィルインが入り、徐々に曲が盛り上がってくると、今度は中央のマイクへ移動。マイクに手を向け、8分でハンドクラップを入れる。さらに曲が盛り上がると、ハンドクラップは16分に。そして、リフに戻り。怒濤のように曲が終わる。

再び楽器陣はチューニング。また「ヨシオっ。ヨシオっ。」とカワナカさんを呼ぶ、妙な声色。カワナカさんは笑って「うるせぇよ。」と応える。そして。ナラサキさんが「持ち時間の半分を今の曲に使ってしまったので、最後の曲です。」と言い。「hyper velocity」。暴れ、転ぶコウジさん。一箇所、盛大に音を外すナラサキさん。盛り上がりつつも、あっさりと曲は終わり。メンバー様は手を振って退場。

25分の持ち時間で4曲。持ち時間の半分を「Receive assimilation」に費やし。残り3曲のうち2曲は、カヴァーと、披露2回目の曲。この天の邪鬼振りに、deepersらしさを感じる。しかし、久々のdeepersで。少なからず、胸が熱くなったのも事実。11月が待ち遠しい。

と、ここまで書いて。鍵盤の人がwatchmanさんではなかったらどうしよう。遠目な上に、鬼の様に仕事をしてからのライブだったので。勘違いだったら、ご勘弁を。
語録
「サーンクスっ。」
(良い発音で。2曲目終了後。)

「だって、長い曲やっちゃったんだもん。しょうがないじゃん。」
(「最後の曲です。」発言に客が「えぇ〜。」と言う声に応え。)

「11月のはじめの方に、2daysワンマンをやるんで。そのときにじっくり。。。」
(日付は覚えていらっしゃらないようで。)
戻る上へ
Copyright(c) 2002-2008 natsume All rights reserved.