entreaty
home about coaltar of the deepers today's report BBS link
report
報告書トップへ戻る
特撮出演イベント / 新宿LOFT 20040806.fri
●セットリスト
01) アングラ・ピープル・サマー・ホリディ
02) 友よ
03) 日本の米
04) エレファント
05) 爆弾ピエロ
06) シーサイド美術館
07) ヤンガリー
08) 文豪ボースカ
09) アベルカイン
10) ロードムービー

- encore -
11) パティー・サワディー
12) オム・ライズ
オーケンの人間モドキコンサート vol.5。「サブカル一網打尽!!面白コラムを書きまくれ!!」
出:特撮/みうらじゅん/ロマンポルシェ。

トリに特撮。特撮が始まる前、スクリーンには「ウルトラファイト」の映像が流れ。2話程見た後、映像が途切れ。「アングラ・ピープル・サマー・ホリディ」のPVが公開される。何よりも可笑しかったのが、有松さんの被るパナマ帽。妙に似合っていた。

セットリストは、きっと右記。イベントとは言え、結構な曲数。

PVが終わると、スクリーンが上がり。ステージには、既にメンバー様の姿。1曲目に、「アングラ・ピープル・サマー・ホリディ」。初っ端だったからか、「この手で奪い取れ」の後に入る、客の「おー」という声は、気合いが溢れていた。続いて、「友よ」。「レッドギター」のナラサキさんコーラスは、聞こえず。また、間奏でのメンバー紹介も無し。

MCを挟んで、「日本の米」。「うまいなぁー。」と台詞を入れるナラサキさん。儂はこの日、後方で見ていたのだが。「エレファント」のイントロで、エディ側の客と、ナラサキさん側の客のノリが随分異なることに気付く。エディ側の客の方が、跳ねている率が高い。続いて、「爆弾ピエロ」。イントロにて。壁にギターのヘッドをぶつけて遊ぶ、ナラサキさん。セリフ後。ピアノのリフは、低い方から高い方へと音が移動するが。ドラムが入る、最後の1回のみ、音が高い方から低い方へと移動。ギターを入れようとしていたナラサキさんが、「え。」という表情でエディを見やる。

「ヤンガリー」の曲の終わりで、大槻氏がステージから消える。何かと思うと、ボースカを背負って戻って来たようで。「酸欠で苦しいから」と、MCを短めにし。次の曲は「文豪ボースカ。」普段よりも、コーラスをたくさん入れるナラサキさん。1回目の「チョットトーキョニコクサイデンワ」は勿論。2回目も「イマカラジュウモッテコロシニイクゾ」と入れる。「アベルカイン」、「バーバレラ」の後、最後の曲「ロードムービー」。エディが車の走る音を出している間。ナラサキさんは、ギターを天井やマイクスタンドに擦りつけており。「レッツゴー」と入れず。大槻氏は、2回目Aメロで、1回目の歌詞を歌ってしまい。間違えたことに気付いたが、なかなか軌道修正出来ず。「うわー。」で誤魔化す。その横で「連れてって走れ」と、ナラサキさんがヘルプを入れる。最後は、竜さんとナラサキさんとで「させるよー」合戦。

アンコールは、「パティー・サワディー」と「オム・ライズ」の2曲。先程酸欠と仰っていたが、本当に苦しそうな大槻氏。サビはもう、声が伸びない。「こ・い・す・る・せ・い・ざ・は」と、絶え絶えに。こんな歌い方は、初めて見るように思う。

何処かのMCにて。リハ前に、弁当を食したエディ。リハ後に「トンカツを食べに行く」と外出そた。で、「トンカツ食べたの?」と大槻氏に聞かれると。トンカツは辞め、プログレCD屋へ行かれたそうで。そういえば、と大槻氏。先日、大槻氏がエディにプログレのCDを差し上げたらしい。それは、クラシックのメドレーで。大層下手なのだという。大槻氏が「あんなの、特撮でやりたいなぁ。」と言うと、「えぇ!?」と、心底嫌そうな声をエディが発していたのが、可笑しかった。
戻る上へ
Copyright(c) 2002-2008 natsume All rights reserved.