entreaty
home about coaltar of the deepers today's report BBS link
report
報告書トップへ戻る
coaltar of the deepers / 大阪Banana Hall 20041107.sun
●セットリスト
01) how smooth
02) prophet proved
03) HARD REALITY
04) CELL
05) WHEN YOU WERE MINE
06) SNOW
07) The Lifeblood
08) snow again
09) SUBMERGE
10) NO THANK YOU
11) MY SPEEDY SARAH
12) earththing
13) AMETHYST
14) BLIND LOVE
15) BLINK

- encore 01 -
16) C/O/T/D
17) THE SYSTEMS MADE OF GREED
18) JOY RIDE

- encore 02 -
19) hyper velocity
20) killinganarab
おしゃれツアー大阪。本日のSEは雷雨ではなく。普通にロックがかかっていたような。本日のセッティングを見ると。LOFTの時と、コウジさん・カワナカさんの立ち位置が異なる。フロントは向かって左から、コウジさん・カワナカさん・ナラサキさん・アキラさん。

メンバー様が登場し。またも無言でセッティング。「how smooth」が始まる。歌が入るまでが、異様に長く感じる。サビではカワナカさんがコーラスを入れる。続けて「prophet proved」。LOFTと異なりステージが広いので、空間系の音がよく響いて心地よい。この日は、押しが少なかった。2曲まったり目の曲が続いたからかと思っていたが。続く「HARD REALITY」でも押しが全く無く。カンノさんのドラム。どうやったらそんなのが叩けるのか、という相変わらず鬼のドラム。ソロを弾くアキラさんを見守るナラサキさん。曲後はすぐに「CELL」のSE。曲後は、軽く挨拶をし。3人のギターで「WHEN YOU WERE MINE」のリフ。新宿ではやらなかった曲が聴け、嬉しく思う。最後の繰り返しが執拗で楽しい。

メンバー様がチューニングを始め。MCがある訳でもなく、妙な間が続く。そして、パッド系のSEが鳴り。始まったのは「SNOW」。パットの音は、恐らく最初から最後まで入っており。最後に入るギターソロの、広がりのある音と相まって、涼やかな印象。「どうもありがとう」とナラサキさんが言い。続いて「The Lifeblood」。ナラサキさんはギターは持っているものの、ギターのボディを背中に回してしまって、歌に専念。「The Lifeblood」に弱い儂は、またも涙が出そうになる。が。そんな時、ふと目に入った。黒い塗装のナラサキさんギター。ネックとボディの接続面に、なにやら模様らしきものが。よくよく見ると、模様ではなく、長方形のシールが、ネックとボディの接続面に敷き詰められている。それが気になって気になって、涙も引っ込む。何のシールなのか。最後のサビで、背中に回していたギターをきちんと構え。歪んだ音を入れる。続いて「snow again」。寂しい曲が続く。

ナラサキさんはギターを置き。「SUBMERGE」。キメ直前、リズムに合わせぴょんぴょんと跳ねるコウジさん。最後のギターソロ掛け合いの後。トランペットを手にするナラサキさん。とは言え、正面を向いて構えるわけではなく。ドラムセットの前で体は横を向き、トランペットは下向きに構え。マイクに音を拾わせる意志はゼロ。曲紹介をし、「NO THANK YOU」と「MY SPEEDY SARAH」。

「coaltar of the deepersです。今日はよろしくお願いします。」と、ようやく普通に挨拶。次のひと言。「今日は最後まで楽しんでいって下さいっ。」もうかなり後半の筈では。と思うと。「それでは、あと少しなんで。」と、やはりな発言。会場から「えぇぇえええぇ」と声が挙がると。「や、ストックはある。。。じゃ、笛でも聴いて下さい。」と言って、「earththing」。ステージが広いからか、普段よりもふらふらとしながら歌うナラサキさん。何度もカワナカさんにぶつかりそうになる。続いて、「AMETHYST」。最後の「Let's Go!」では、カワナカさんがマイク前に立ち。客席に向かって「来い来い。」と煽る。さらに「BLIND LOVE」。ソロを弾くコウジさんを手で示すナラサキさん。最後には掛け声も入れ。そして最後の曲。「BLINK」。キメの部分ではカワナカさんが前に出て。その横で大いに暴れるコウジさん。歌が終わると、「ありがとうございました」と言い、ナラサキさんはステージを去る。締めはギター2人で。しかし、アキラさんはコウジさんの様子を伺っているのに、コウジさんは恐らくわざと、あらぬ方向を向いている。最後はようやくコウジさんがアキラさんの方を向き。終了。何の曲だったか忘れてしまったが。この辺りにやった曲にて。ソロを弾くアキラさんに、歩み寄るナラサキさん。またちゅーかと思いきや。本日は、手にしているマイクでアキラさんの腿をぐりぐりと押しつけ。逃げようとするアキラさん。

アンコール。ナラサキさん以外のメンバーが出てくる。アキラさんのリフで「C/O/T/D」。イントロの途中で、ナラサキさんが登場。またもふらふらしつつ、歌う。途中のセリフの箇所では、マイクからかなり離れた位置におり。慌ててマイク前に戻る。曲後、コウジさんが手を狐の影絵の形にする。「THE SYSTEMS MADE OF GREED」。キメの部分は、フロント全員が前方に出てきて。もう、どこを見て良いのか解らない状態。全員見たい。最後はシーケンサーだけが鳴るのだが。一カ所、変な音が混ざる。「え。」と、驚くナラサキさん声(マイク通っている)。完全に曲が終わると、「びっくりしたぁ」。1回目のアンコール最後の曲に、「JOY RIDE」。ステージ上でメンバー様が、手拍子を譲り合う。が、客席では既に手拍子が始まっていた。最初は「せーのっ」で入り、2回目はデス声で。コウジさんが暴れ回り、ナラサキさんがふらふらし。間にいるカワナカさんがかなり危うかった。あっちもこっちもぶつかりそうで。「ありがとうございましたっ」と言い残し、メンバー様退場。

2回目のアンコール。ナラサキさんが妙なテンション。大きな声で、「こんばんわぁ〜。」を繰り返す。その後ろをカンノさんが通り過ぎる。ドラムセットには向かわず、アキラさんの立ち位置へ。アキラさんギターを手にし、肩にかけ。困ってみせるアキラさん。本日もアキラ虐めが行われる。というか、カンノさんがギター構えるのを、初めて見た。また、ナラサキさん。「こんばんわぁぁぁあ〜。今日は楽しんでいってねぇぇえ〜。」(しばしの間)「おぉさかぁぁ〜。こんばんわぁぁあああ〜。」と、また大きな声で。あれは、誰なのか。軽くメンバー紹介をし、「hyper velocity」。「1・2、1・2・3・GO!」と入る直前の、シーケンスのみの箇所。会場が盛り上がる中、「こんばんわぁ〜。こーるたーおぶざでぃーぱーずでぇ〜す。」というナラサキさん。別の人が降りてきたかの様。可笑しくてたまらない。曲後は、トランペットを手にし。「killinganarab」なのだが。「チャララララ〜」の、3音目で音を大きく外す。苦笑と脱力する、メンバー様と会場。1フレーズを吹き終わった後は、適当と言うか、自棄というか。子供がラッパで遊ぶように、意味不明の音を暫く吹き。カワナカさんが苦笑しつつ、ベースを入れ、曲が始まる。すると、今まで動きのなかった会場に、ようやく押しが発生。儂も暴れていて記憶が定かではありませぬが。メンバー様も大暴れしてらした。

曲が終わり。メンバー様退場。カンノさんはバスドラを乗り越えて、ステージ中央へ。コウジさんはピックをばらまき。終演のSEが流れ。若干歌い、「ありがとうございましたっ」と言い、立ち去るナラサキさん。終演の余韻に浸っていると。ステージ下手に、人影が現れ。ステージ上に出るかと思いきや。直前でUターンし、ステージには出ずじまい。背格好・シャツから、あれは間違いなくカンノさん。何がしたかったのかよく解らないが。面白すぎる。

おしゃれ制覇。3日間とも大変楽しゅう御座いました。メンバー様・スタッフ様に感謝。特に大阪は楽しかったのは勿論、色々と面白かった。「こんばんわぁ〜。おぉさかぁ〜。」が忘れられない。

尚、大阪で拾ったコウジさんピック。「ココバット」と書いてあった。失笑。
語録
「アルバム『NO THANK YOU』から『NO THANK YOU』。」
(ようやく喋る。)

「大変古い曲をやります。聴いてください。『MY SPEEDY SARAH』。」
(盛り上がる会場。)

「あーめーしーすーとー。」
(「earththing」終了直後に。)

「最後の曲だと言うのに、全くかっこいい言葉が思い浮かばないのですが。」
(淡々と。)

「それでは。最後。」
(「BLINK」の前に。)

「また来ますっ。」
(1回目アンコールにて。)

「こんばんわぁぁぁあ〜。今日は楽しんでいってねぇぇえ〜。」
(2回目のアンコールにて。)

「おぉさかぁぁ〜。こんばんわぁぁあああ〜。」
(こんなキャラ初めて見た。)

「はじめまぁ〜す。」
(「hyper velocity」の前に。)

「coaltar of the deepersでした。気を付けて。」
(最後の一言。)
戻る上へ
Copyright(c) 2002-2008 natsume All rights reserved.