entreaty
home about coaltar of the deepers today's report BBS link
report
報告書トップへ戻る
FLOPPY / 代々木Zher the ZOO 20050528.sat
●セットリスト
se) entrance
01) Chip Trick
02) まさかりが淵
03) 他人行儀でGO!
04) R.A.M.
05) パイク
06) 君は素敵
07) ド否定無限LOOP
初めて、FLOPPYライブを見に行く。イベントのトリ。セッティングは自らで行うようで。ライブ前に、Tシャツ姿の小林氏と戸田氏がステージに現れる。と、同時に、デジカメや携帯カメラでお二人を撮影せんと、彼方此方でフラッシュがたかれる。記者会見か、くらいの勢い。因みに、戸田氏のセットには、新しめPower Book G4の姿。林檎印が目に眩しゅうございました。

セッティングが終わると、一度メンバー様が退場し。暫くの間がある。SEが流れると、再びメンバー様登場。お揃いの白いビニール衣装に、ゴーグル。髪の毛をピンクに染めた福田氏も登場。あまりにピンクなので、周囲からは「C-C-Bかっ!?」との声が聞こえる。「entrance」が終わると、小林氏が「今晩和、FLOPPYです。」と挨拶。ファミコンのコントローラーのような物を手にしている。どうやら、マイクらしい。すぐに「Chip Trick」のサビがスローテンポで流れ、1コーラス小林氏が歌うと、曲へ。ライブアレンジ。曲に入ると、歌う小林氏の声が殆ど聞こえず。マイクのトラブルか。続いて、「まさかりが淵」へ。しかし、これも歌声が殆ど聞こえない。残念に思いつつ、曲が終了。客席からは拍手。と、小林氏は、無言で片手を上げ、客席に少し待つようジェスチャー。ハコスタッフ様もやって来て、マイクの調子を見る。その様子を、小首を傾げて見守る福田氏。ようやく、マイクに音が通ると。小林氏は何事もなかったように「今晩和、FLOPPYです。」と、挨拶。「元々ココはMCの場所だったんですよ。大丈夫です。ノートラブルです。ノートラブル。」と、喋りつつ。マイクがハウり、仰け反る小林氏。メトロノームと違い、客席があまり飛んだり跳ねたりせず。小林氏が淡々と「初めましての人は、初めまして。わぁー。」喋ると。「わぁー。」と、小林氏と同じテンションで返す客席。「わー。みんなローテンションで大好きだ。」と、また小林氏の淡泊な喋り。FLOPPYがどんな曲をやっているか、と紹介する際には。「パソコンをいっぱい使った、ロマンティックが止まらない感じの音楽をやっています。」と、そこにいた全員の視線が福田氏に向けられる。やはり、C-C-Bか。

続いて、「他人行儀でGO!」。切ない気分になる。曲が終わると、小林氏が頷きながら「ドッドッタンッチッ」と言い、「R.A.M.」へ。Aメロに入ると、またマイクトラブルか、歌が聞こえなくなる。2回し目に入ったところで、ようやく音が聞こえる。音源では、「私は計算機音楽です」という歌詞だったが。ライブでは「これは電子音楽です」になっていた。続いて、ヒカシューの「パイク」をカヴァー。原曲よりも早め。また、曲をアレンジし、「パイク」と言わせる箇所を数カ所作り。小林氏も戸田氏も、敬礼ポーズ。また、曲中、戸田氏が優雅に黒い扇子を仰いでらっしゃった。

MC。何か告知はあるか、と問われた福田氏。「今日、スロットで3万勝ちました」と、妙な告知。福田氏がスロットに言っている間。小林氏と戸田氏はHUNTER×HUNTERを見てらしたそうで。次。戸田氏告知。「。。。そのうちやります。」と言うと。小林氏は笑いながら、「嘘だな。」とツッコむ。小林氏からはFLOPPY告知。既に告知されているライブ情報に加え。7月にはFLOPPY企画ライブ、及び、音源が出るらしい。企画ライブは、凄いライブに鳴ると思う。と小林氏。「もう、右から左から、てんやわんやで」、「何がトラブっているのかさえも解らない!!」ライブになる予定。また、出演者は「あっと驚く大御所から、おっと驚く大御所まで」とのこと。(つまり、未定。)

小林氏が妙なテンションで喋る。どっちの方向から文句が聞こえたとか、覚えているので。と、突然適当な事を言い出す。左側から聞こえた、あいつは福田ファン。と、メモを取る様子。爆笑する会場。そして、福田氏が小林氏に一言。「悪く言うなっ。」またも、小林氏は薄いテンションで。「お客様は神様です。みんな大好きだ。」と、棒読み。

残り2曲。「ノーリノーリ、って曲と、やーだやーだ、って曲をやります。」と小林氏が言い。「君は素敵」へ。あの「ハイっ」は戸田氏が言っているのだと、初めて知る。この曲で初めて、小林氏がぴょんぴょんと跳びながら歌う。と、客席もぴょんぴょんと跳び出す。そして、最後の曲。「ド否定無限LOOP」。曲間、小林氏も戸田氏も暴れてらした。サビの「ヤダ!ヤダ!ヤダ!」では。全員が、手をぐーにして体の前に構え、腕を体とともに左右に動かし。可愛いポーズ。小林氏は客席に向かい。「はいっ!かわいこぶってっ!!」と、同じ仕草を求める。小林氏の横の、福田氏のかわいこぶる姿が、異様に可愛かった。体の動かし方が、少々滑らか。曲が終わると、「どうも、FLOPPYでした。」と、小林氏がさくっと挨拶し、終演。

ファミコンコントローラーを両手で持ちつつ、歌う姿が新鮮。戸田氏は、大人しそうに機械を触っているが、突然キれた動きをするのに驚いた。福田氏の髪はピンクだし。短い時間だったが、衝撃的な夜でした。また見に行こう、と思った。
戻る上へ
Copyright(c) 2002-2008 natsume All rights reserved.