entreaty
home about coaltar of the deepers today's report BBS link
today's
12月過去日記
a twist of jobim / LEE RETENOUR TRIBUTE 20031230.tue
大掃除。近頃手を付けていないMDラックより、発掘。最初は、何のMDだかさっぱり思い出せなかった。聴いてみて。数年前、友人から貸し付けられたMDと気付く。当時は解らず、感想も言わずに返却したような。今更ながら、感謝してみる。御陰様で大掃除が滞ったが。

アントニオ・カルロス・ジョビンのトリビュート。リー・リトナープロデュース。と言う代物らしい。
Evil Warning / Angra 20031229.mon
近頃のメール着信音は、「Carry On」のイントロ。どうかしてる。
Imaginary Day / Pat Metheny 20031228.sun
やっと訪れた平穏の日々。

テレビ神奈川の公録へ行く。放映を楽しみにしている方もおるだろうから、多くは語らぬが。「俺が要らない」発言には、大爆笑。
GOOD MORNING / coaltar of the deepers 20031226.fri
久しぶりにdeepers。あまり心構えが出来ておらず、「IT DAWNS BEFORE」を一瞬、Bon Joviの「Livin' On A Prayer」のイントロと勘違いした。死んでしまえ。儂。

無事、仕事を納めた。しかし、明日は会社大掃除。
友よ / 特撮 20031225.thu
詞。「オーケンのめくるめく脱力旅の世界」にあった、池田貴族氏についてのエッセイを彷彿。その次の瞬間、耳に入ってきた大槻氏の台詞。「だが実は 私な君を友達だと思ってなんかいないのである。」衝撃的だった。

仕事納めまであと1日。残り3物件。
プログレ・エディ / 特撮 20031224.wed
そうか。サビ以外が、あぁだから。サビがより心地良いのか。と思ったクリスマスイブ。

絶賛終電コースで仕事。夜21時近く、客に電話で「まだ帰らないんですか?イブですよ??」と言われたが。お前があと1000倍賢ければ、儂はとっくに帰っておるよ。

仕事納めまであと2日。
Tears In Heaven / Eric Clapton 20031223.tue
街はクリスマス仕様なのに。絶賛休日出勤中。クリスマスソングを聴く気分に無かったので、コンビニを避けて食料調達へ。適当に入ったお菓子やさんにて、「Tears In Heaven」。

予想外の曲を耳にした。沁みた。
水天宮と多摩センター / 特撮 20031222.mon
Bメロの丁度真ん中あたりで。全ての音が一端止まるのが、好き。
プログレ・エディ / 特撮 20031221.sun
意外と、盛り上がらなくてショックだったり。「水天宮と多摩センター」も然り。この2曲は、そんな筈じゃなかった、と思うた。「水天宮と多摩センター」て、儂は凄く踊れるのだけど(人の迷惑顧みず)。

しかし。楽しいライブだったと思う。
水天宮と多摩センター / 特撮 20031220.sat
明日のライブのために上京されたお嬢さんと。水天宮へ行ってみた。因みに、多摩センターはどのようなところか重々承知しているので。行きませぬ。

引き続き「プログレ・エディ」。激弾きの後ろに聞こえる、ベースの音を追いかける。
プログレ・エディ / 特撮 20031219.fri
サビ前のピアノ激弾き。にユニゾンするギター。激ピアノソロ。にユニゾンするギター。これ、ライブでもユニゾンするのか?

「オムライザー」、相当楽しい。
友よ / 特撮 20031218.thu
タイトルから、勝手にしっとり系と思い込んでいた。様々な音が入っており、楽しめる。今気になるのは、巻き舌「レッドギター」の声の主。

「子供じゃないんだ赤ちゃんなんだ」。歌に入った直後に、「夢見るショック仏小僧」を口ずさんだのは、きっと儂だけじゃないはず。
Screaming Symphony / Impellitteri 20031217.wed
速く。気分も高まり。しかも曲調が全て似ているので、テンションを保てる。急ぎ仕事には持ってこい、だった。が、マシンの調子が悪く、気持ちだけが無駄に急いた。

一段落したら、特撮の新譜を聴く予定。
封印廻濫 / 陰陽座 20031216.tue
より、「蟒蛇万歳」と「月姫」を飛ばして。申し訳ないが。跳ねている場合じゃないし、しっとりしている場合じゃなくなった。想定の3〜4倍の量になった物件があり。速いのを聴いて、さくさく手を動かんと。明日はインペリテリを持っていこう。

あぁ。SOFTBALLETのチケ、人様に譲っていて良かった。とてもじゃないが、行けぬわ。元々この時期、危険な予感がしていた。出来ればこの予感は、外れて欲しかった。

近年稀に見る、本末転倒話を小耳に挟む。「取材にお金かけ過ぎちゃって、予算足りないから、コンテンツ数削るらしいですよ。」意味が解らぬ。何のための取材か。
棄捐令 / バーベル 20031215.mon
曲を聴こうとしているのだが。大阪ライブの思い出が蘇り。
Havona / Weather Report 20031214.sun
休みの日ぐらい、こういうものを。

大槻氏出演の、インターネットテレビを見る。回線が細いので、大変苦しかった。カクカク動くどころではない。画像処理が追いつかず、ひたすら顔にモザイクがかかっている状態。
太陽と戦慄 / King Crimson 20031213.sat
起きたら。「世界不思議発見」がやっていた。17時間睡眠。日立の企業CMにCoccoが出演しており、驚く。何故に今、Coccoか。しかも、企業CM。企業の顔ですぞ。相変わらず、表情に感情の揺れを見せる方だ。
NO PLEASURE / SOFTBALLET 20031212.fri
89-91初回特典DVD。賢ちゃんが素敵。「BODY TO BODY」のライブ映像では、ジュリ扇を振っているお客さんを発見。時代を感じる。

「The Best Clips +」を途中まで見る。睡魔に負けた。「Twist Of Love」の藤井麻輝氏に大爆笑。変質者にしか見えぬ。
I Want Out / Helloween 20031211.thu
一度聴いたら、二度と忘れられないと思う。
Eagle Fly Free / Helloween 20031210.wed
昨日までSOFTBALLETだったくせに、急にHELLOWEENが聴きたくなり。何故か今、「守護神伝」。名曲揃い。

客先で。新規物件の打ち合わせ中。人生最大級の大きさで、腹が鳴った。
PILED HIGHER DEEPER / SOFTBALLET 20031209.tue
92-95ベスト。「PARADE」で始まり、「LAST SONG」で終わるのが。憎い。
LAST SONG (Ambient Mix) / SOFTBALLET 20031208.mon
92-95ベスト。むしろ、「+8 Other Mixes」じゃろう。「LAST SONG」に酔った。両方のCD盤面を見て。GAS BOOKのようだと思った。

風邪復活。頭痛と寒気と鼻水と。
AFTER IMAGES / SOFTBALLET 20031207.sun
引き続き、ソフトバレエ89-91ベスト。

大槻氏サイン会。「特撮のライブにも来て下さいね。」と、ほわほわした口調で言われた。良く行っておりますが。因みに、購入した本に挟まれていた。特撮ツアーのフライヤー。誤植があり、笑った。折角2色刷なのに。
Twist Of Love / SOFTBALLET 20031206.sat
3タイトル同時リリース。勿論3タイトルとも購入。まずは89-91のベストを聴いている。初回盤DVDも楽しみ。

知人の舞台最終日。一風変わった役所で。デーモン小暮閣下声で「また会おう」、「神なのだ」という台詞があり、笑いそうになった。「悪魔なのだ」と言って欲しいのぅと思っていたら、「悪魔ではない」という台詞。これには笑った。因みに、その知人は昔聖飢魔IIのコピーバンドで、ヴォーカルをやっていた人だったり。
流星 / 特撮 20031204.thu
耳がおかしいので、今日は何も聴かず。耳を休める。が、脳内で昨夜の「流星」が回っている。

特にこの曲。音がイマイチだったように感じた。ナラサキさんサイドに居った筈なのに。竜さんのベースの音しか聞こえない事もあったような。
オム・ライズ / 特撮 20031203.wed
本日のライブで聴けた。この曲を2曲目にやったのだが。1曲目と2曲目で、ビデオカメラが回っていたので。PVとかで使用するつもりなのか、と勝手に推測してみたり。

本日やった曲はこんな感じ。アベルカイン、オム・ライズ、身代わりマリー、文豪ボースカ、流星、ヤンガリー、ジェロニモ、ケテルビー。

客先での打ち合わせから、ロフトへ直行。打ち合わせ後、事務所に戻ると時間がない、でも今からロフトへ行くには時間が余る。と迷っていたところ。早めに新宿に行って、買い物でもしてれば。と上司が言ってくれた。生まれて初めて、上司が天使に見えた。
塗り壁 / 陰陽座 20031202.tue
間奏が。ある意味陰陽座の王道パターン。

今日のAIRは「Hello」。そして新譜は未だ買いに行けず。
Heavenly / AIR 20031201.mon
Heavenly, Help me, me

顔あげたら虹を見た なぜか不意に涙でた
ひとしきりに雨あられ 憂い流せ晴れ渡れ

クルの新譜は未だ買いに行けず。
上へ
Copyright(c) 2002-2008 natsume All rights reserved.