entreaty
home about coaltar of the deepers today's report BBS link
today's
6月過去日記
がいながてや / 陰陽座 20060630.fri
近々ライブへ行くので、久し振りに「百鬼繚乱」。後半、まったり曲が多いが。良いアルバムと思う。

ところで、本日兄上ブログを見て。黒猫さんの異変を知る。無理せずゆっくりと休んで頂きたい、と思いつつ。やっぱり、ライブで歌って欲しい。複雑な心境。
死人の海をただよう / 特撮 20060629.thu
ピアノの音にうっとりとした。

次の曲が、「江ノ島オーケン物語」で、落とされる感じが。かなり絶妙。
粋 / Adapter。with Shit Brave Men 20060628.wed
ミニアルバム。ちょうど、聴きやすいボリューム。

ただ、ジャケット。勘亭流で、でかでかと「粋」と書かれているのだけど。その佇まいが、全く粋じゃないあたり。福田さんだなぁとしみじみ。
夜歩くプラネタリウム人間 / 陰陽一首帯 20060626.mon
ベース以外の演奏陣(と言うか、ベースは本物)には、少々物言いを付けたいが。黒猫さんの歌声で、帳消し。
To Hell And Back / Sinergy 20060625.sun
1曲目の頭で。男性ヴォーカルだと思い込んでいた。
迷子の兵隊 / SPITZ 20060624.sat
不思議な言葉。
Whatever and Ever Amen / Ben Folds Five 20060622.thu
有名曲揃いのアルバム。日本版ボーナストラックの「Kane O Kaese!」。最初聴いた時は笑ったが。何度も聴いていると、飽きてしまうのは儂だけか。
めんどくさい / メトロノーム 20060621.wed
朝イチ。どうにもこうにも気が重く、ひたすらメトを聴いて出勤。昨夜急に仕事飲みに狩り出されたから、それとも仕切の悪い仕事に付き合わなくてはいけないからか。気の重い原因を探る。午後になってようやく原因判明。ボスとの面談でした。怒られる事もなく無事に終了して一安心。
Figure Number Five / Soilwork 20060619.mon
シンセの入り方や曲のアレンジに、少々笑ってしまうが。格好良いバンドさんだと思う。と思ったら、ギタリストさんが変わるとか何とか。今は難しい時期なのだろうか。
Atom Heart Mother / PINK FLOYD 20060618.sun
個人的に、聴いた時期が全く異なるからか。「狂気」のみ、別物に聞こえる。King Crimsonの「宮殿」も同様。
恋のハレルヤ / ISSAY 20060617.sat
櫻井敦のコーラスが最高です。
Carry On / ANGRA 20060615.thu
何かの記事で、近頃のライブでも「Carry On」を演奏していることを知る。エドゥの歌う「Carry On」のイメージが付かない。夏に、ANGRAメンバーさんは各々ソロアルバムを出すそうで。しかも、キコは全編アコースティック。非常に楽しみだが。本業のANGRAの次作は未だか。
醒 / 陰陽座 20060614.wed
久々に聴いてみる。以前よりは、悪くない気がした。が、ライブだと何故あんなにテンポを落とすのだろう。
僕の右脳 猿の左脳 / メトロノーム 20060612.mon
昨夜、聴けて嬉しかった。
snow again / coaltar of the deepers 20060611.sun
deepersさんとメトとの対バンへ。どちらも楽しゅう御座居ました。メトも、前の方で見るつもりだったが。deepersで力尽きました。後方でまったり拝見。
ヘルタースケルター / FLOPPY 20060610.sat
FLOPPYさんのインストアイベントへ。トークと、良くても5曲程度の演奏だろう。と高をくくっていたら。10曲程演奏し、事前の告知はなかったが、握手会も開催され。盛り沢山でした。サービス精神旺盛。
三つ数えろ / メトロノーム 20060608.thu
週末はメトとdeepersさんの対バン。この組み合わせのライブが、今一しっくり来ない。どちらも好きなのだけど。ライブを見る際の儂のスタンスが全く違うので。どうしたものかと。
アバンギャルドで行こうよ / THE YELLOW MONKEY 20060607.wed
ストリングスの音が、良い意味で、軽薄な感じを出している。
Wish / Nine Inch Nails 20060606.tue
ライブ盤にて。異様に音が良い。
ヘルタースケルター / FLOPPY 20060605.mon
巻上公一の香りがぷんぷんと。

週末、温泉地でくつろいで来た筈なのに。まだ月曜なのに。既にぐったりしているとはこれ如何に。
センチメンタル少年 / FLOPPY 20060602.fri
歌詞が可笑しい。「君のいけないルージュからマジック」・「スターのラジオが聴こえない悲劇」・「君にスターダスト輝くよジギー」は、もう反則。

アルバム全体として。激しい衝撃は受けないが、じわじわと来る。何度でも聴きたい、と思ってしまう。
消えてく僕ら / FLOPPY 20060601.thu
色気のある音。新譜、かなり良いです。
上へ
Copyright(c) 2002-2008 natsume All rights reserved.