entreaty
home about coaltar of the deepers today's report BBS link
today's
12月過去日記
HINODE TRACKS 2006 TO 2007 / KNIR 20061231.sun
年明けの瞬間に。
BLINK / coaltar of the deepers 20061230.sat
本日。聴くことが叶いました。一年を締めくくる、素敵なライブでした。本年も、一方的に大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

年末年始は、「HINODE TRACKS 2006 TO 2007」で過ごそう。
綿いっぱいの愛を! / 特撮 20061229.fri
偶でも良いので。特撮のライブも見たい。
The Lifeblood / coaltar of the deepers 20061227.wed
この時期の曲と言えば。こちらも、30日に聴きたい。
BLINK / coaltar of the deepers 20061226.tue
30日に聴きたい。
C/O/T/D / coaltar of the deepers 20061225.mon
deepersさん出演のイベントへ。何というか。こんなに寂しいライブは初めてかもしれん。30日に掛ける。
機械 / 筋肉少女帯 20061223.sat
筋肉少女帯復活ライブ追加公演へ。音源はずっと聴いていたが。ライブは実は今回が初めて。拝めることが出来た嬉しさで、涙が出た。
聖者とペテン師 / Feel So Bad 20061222.fri
復活アルバム「PERFECTNESS」は、パワー不足に思えた。しかし、よく考えたら。活動休止直前の1年間程、儂はF.S.B.の音を聴いておらず、パワーダウンした状況に触れていなかったので。復活 = 「ENDORPHINE」あたりのパワーを求めていただけかもしれない。

でも、折角復活したのならば。「ENDORPHINE」を超える弾けた音源を聴きたい。というのが、本心。
百の鬼が夜を行く / 陰陽座 20061221.thu
中盤のメロディが変わる箇所。ライブだと、かなり重めにするが。正直、そこまでせんでも。と思う。
Dreams / The Surf Coasters 20061219.tue
逆に、冬の方が聴きたくなるバンド。
唇に銃を押しあてて / Feel So Bad 20061218.mon
リフのザクザク感。良くこれがBe-ingから出たものだ。
You Don't Have To Be Afraid / Kaki King 20061217.sun
激しい曲を作る人の印象があるが。優しい曲もあるのかと驚く。
Five Years / David Bowie 20061216.sat
ONKYOのミニコンポを購入。iPodを設置出来るタイプ。家電量販店でモノの説明をしてもらいつつ。自分のiPodを実際に置かせて貰い、音を確認。かける曲を迷った結果、David Bowieとなった。あの場で、かけても問題の無い曲がすぐに出てこない。
哲学堂心中 / FLOPPY 20061213.wed
戸田さんの仕事が光る。というか、むしろ新宿ゲバルトっぽい。

本日はhideさん誕生日。生きてらしたら、42歳か。
Love & Hate / Spiral Life 20061211.mon
消え入りそうな歌声が、好き。空気のような存在。
Incurably Optimistic! / Tim Hecker 20061210.sun
たまに、会社ラウンジで流す。と、通りすがりの人に、曲を変えられてしまう率が高い。ラウンジでアンビエントは暗いらしい。
FLAME / BUCK-TICK 20061209.sat
穏やかな曲の展開に、ココロが安らぐ。
Super-Charger Heaven / White Zombie 20061206.wed
終わり方が唐突。でも、格好良い。
殺神 / 特撮 20061205.tue
様々な政治が働いて。映画「NANA2」の試写会を見に行く羽目に。キャスト・監督の舞台挨拶、映画の上映だけならまだしも。中島美嘉・伊藤由奈のスペシャルライブまであり。かなり限界で会社に戻る。

それ以降は、ずっと重たい音で過ごす。
晴れた終わり / 上杉昇 20061204.mon
大昔に購入し、何度も手放そうと思ったが。手放せない音源。それが、儂の中でWANDSとal.ni.coだったりする。当時は主に、柴崎浩ファンでしたが。そんな感じで、7年振り3度目の上杉さんのライブへ。まだ歌えていて、嬉しい。あの演奏陣を持ってして、NIRVANAやらRadioheadを演ってしまうあたりが、上杉さんだ、と思う。

ナラサキさんギターの「寂しさは秋の色」は、笑った。ナラサキさんがWANDSを弾いているという事実に。なかなか。色々と、懐かしく、楽しゅう御座居ました。
Brother Blueberry / Fenton 20061203.sun
ココロが安らぐ音。
Red Hot / SLY 20061202.sat
日本語訳詞が間抜け。SLYはニィちゃんの歌い方が、いつも以上に粘っこい。
サンフランシスコ / 筋肉少女帯 20061201.fri
年末頃に行われる、筋少のライブ。ドラムはサポートで陰陽座の斗羅さんに決まったそうな。斗羅さんの人となりは大好きなのだが。ドラムとなると話は別である。せめて、スネアの音を重くして臨んで頂きたい。
上へ
Copyright(c) 2002-2008 natsume All rights reserved.